春日井くらしのニュース - ニュース

発行  春日井市瑞穂通4-45 TEL0568-84-7017 毎月第2・4木曜発行
制作  春日井市内 中日新聞販売店 主要更新 2019-11-28 0:09:00
メインメニュー
検索
カレンダー
第2・第4木曜日が発行日です。

info@kasugai-kurashi.com
くらしのブログ : 理系女子     ナベ
投稿者: nabe 投稿日時: 2014-2-1 12:07:27 (106 ヒット)
くらしのブログ

新しい万能細胞の研究をしている、
小保方晴子さんという研究者が話題になっています。

どんな技術なのか全くわかりませんが、
新聞を読むと、子どもの頃から再生科学に興味を持ち、
一生懸命研究を続けてきた女性だと賞賛されています。

可愛らしくておしゃれで、
割烹着で研究するというのも、親しみがわきます。


小保方さんの報道と共に、
理系女子が注目されています。

埼玉にいた時に仲良くしていた、
子どもの幼稚園でのママ友を思い出しました。


Kさんというのですが、
愛媛の出身で、子どもの頃から数学や理科が大好きだったのだそうです。

中学高校になると、
数学の難しい問題を解くのが楽しみで、
休みの日は一日中かかって考えて、
やっと解けた時は本当にうれしかったと言っていました。

高校の進路指導の時に、
担任の先生に
「理系が好きなので、理学部に進学したい」と話すと、

「女の子が理学部に行っても、就職もないし、まったく役に立ちません。
 悪いことは言わないから、
 就職のできるほかの学部にしなさい」

と反対されて、
先生の勧めで、神戸にある大学の家政科に進学しました。

栄養士になる学部だったけれど、
料理に興味がある訳ではなく、
4年間、面白くないなあと思いながら通ったのだそうです。


彼女は今、50代ですが、
もしも30年遅く生まれていたら、
好きな理学の世界で、
思う存分研究したんだろうなと思います。

今、彼女は大きな介護施設の事務所で働いていて、
栄養士の資格を持っていることも評価されて頑張っているので、
それはそれでよかったと思うのですが。


小保方さんの努力も素晴らしいですが、
好きな事を続けられる環境があるって、
幸せなことだなと思います。








春日井くらしのニュース