春日井くらしのニュース - ニュース

発行  春日井市瑞穂通4-45 TEL0568-84-7017 毎月第2・4木曜発行
制作  春日井市内 中日新聞販売店 主要更新 2019-11-28 0:09:00
メインメニュー
検索
カレンダー
第2・第4木曜日が発行日です。

info@kasugai-kurashi.com
くらしのブログ : ソウル旅行・・・いも美
投稿者: imomi 投稿日時: 2012-10-15 13:08:35 (108 ヒット)
くらしのブログ

 韓国大すき!が嵩じて、今回も行って参りました。ナビが出来るほどではないのですが、楽しい旅の一部をご紹介したいと思います。

 今回は、友人と2人旅。自由気ままに動きたいので、フリープランです。ホテルは市庁広場の隣にある「ホテル・プラザ」です。毎回、お約束のようにロッテホテルを利用していたのですが、旅行社の方の薦めもあって初めて利用させていただきました。ポーターからコンシェルジュに至るまで、笑顔で気配りのある接客をしています。
 ポーターにシャトルバスのことを尋ねると「日本語は少ししか分りません」といったのでコンシェルジュのところに行きました。すると、ポーターは、自分の役目が終了したにも関わらず、その場を離れないで、話を理解して指示されたわけでもないのに、あると便利とおもわれるパンフレットを素早く用意してくれました。

 スタッフは客がロビイを通るたびに「明るい笑顔」で挨拶をします。全てこの調子です。とても気分が良いのです。朝食の時のコックさんやスタッフも同じです。

 バスタブ無しの部屋を予約したのですが、私のわがままでバスタブの部屋を希望したら、すぐに対応してくれました。

 少し前に、イタリア人の建築家がデザインしてリノベーションしたホテルなので、新しい施設です。おまけに嬉しいのが、ホテルの部屋から市庁広場が臨めて(週末だったことから)土曜、日曜の2日間イベントを見て楽しむことができ、ちょっぴり韓国の横顔を見ることが出来てラッキーでした。


 貞洞劇場で上演している「美笑」は、やっぱり素敵です。友人も喜んでくれたので、ナビをした甲斐がありました。

 北村ではレストランのオーナーの饒舌な日本語に、心がほっこりしました。韓屋を別荘として使用している方の家を見学する機会もあって、ドラマの一コマの中にいるような気持ちを味わうことも出来ました。

 町中の人が、優しいのです。

 友人は初韓国でしたので、「(スピードと激しい運転の)タクシーの洗礼を受けてみて!」と、タクシーを往復しました。が、今回は2度ともとても、優しい運転をするタクシーだったので、拍子抜けしました。

 国立中央博物館の展示にも驚きました。国宝がたくさんあります。日本語ガイドの方も、流暢な美しい日本語を使用していたので、感心しました。しかも、入場料は無料です。小学生たちが休みであるにも関わらず、熱心に勉強にきていました。

 一層、韓国熱が高まりました。


  


市庁広場 正面が古い市庁舎


ホテルの部屋室です


景福宮の交代式


















春日井くらしのニュース